東京オートサロン2018 in 幕張メッセ 2018-01-12, 13, 14

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

1/14 会場レポート Part 4

WRC日本ラウンド招致の寄せ書きボードがほとんど埋め尽くされました!

18/01/14

東京オートサロンの初日に世界ラリー選手権(ERC)の日本ラウンド招致準備委員会による発表会が行われました。その時に使われたバックボード、実は寄せ書きOKのボードでした。

NS100393 Image1



3日間に渡り、来場した多くの方がWRC日本開催に想いを馳せ、そして現在WRC挑戦中のTOYOTA GAZOO Racingへの応援など、さまざまなメッセージを書き込んでくれました。みんなの思いが届いて、日本ラウンドが開催され、TOYOTA GAZOO Racingや日本人の選手やチームが活躍すると良いですね!

NS100393 Image2



このボードですが、初日の発表会前はこんなまっさらだったんですよ。

NS100393 Image3


それが3日目の14時過ぎには、ここまでメッセージで埋め尽くされていました。

NS100393 Image4


外国人の方も書き込んで、このボードの前で記念写真を撮っていきました。

NS100393 Image5

86/BRZで初めて300km/hを突破したマシンが最優秀賞に選ばれました!

18/01/14

NS100393 Image1


東京国際カスタムカーコンテスト2018 チューニングカー部門 最優秀賞
車両名:ワークスZN6 最高速320km/h計画86
出展者名:フェニックスパワーSPL 福井店京都店

東京オートサロン2018に出展されたすべてのチューニングカーから、来場者が東京国際カスタムカーコンテスト チューニングカー部門 最優秀賞に選んだのは、フェニックスパワーSPLの「ワークスZN6 最高速320km/h計画86」です。

トヨタ86をベースに、その兄弟車でもあるBRZを含めた86/BRZの最速を目指して、エンジンが作り込まれているのが特徴。トラストのTD06SH25GIタービンなどを使い、最高出力555.78PS、最大トルク60.78kg-mまで高められているのです。

イングスのエアロキットをまとい、足元はアドバン・ネオバの19インチと、最高速アタックに向け全身が鍛え上げられました。初挑戦で86/BRZ最速となる308km/hを記録したということですが、320km/hを目標にまだまだ進化が期待される一台です。

NS100393 Image2


NS100393 Image3


NS100393 Image4


NS100393 Image5

ドレスアップカー部門 最優秀賞はインテックのロードスター

18/01/14

NS100393 Image1


東京国際カスタムカーコンテスト 2018 ドレスアップカー部門 最優秀賞
車両名 SANODESIGN&乱人
出展者名 INTEC

東京国際カスタムカーコンテス 2018 ドレスアップカー部門 最優秀賞は、INTEC(中ホール5)の「SANODESIGN&乱人」が受賞しました。

「子どもの頃にあこがれていたスーパーカーを現代のテイストで」仕上げ、FRのスポーツカーらしさを強調した一台です。ロードスターをベースに、フロント部分は200mm伸ばしてさらに低さも強調。このフロント部分は何度も作り直した力作です。オートサロン会場では質問攻めだったようで、6月にはボディキットを発売予定としていたものの、もっと早くという声も多いようで、量産化の準備を急いで進めていくようです。

「22年前に私の最初の師匠が、そして第2の師匠が20年前に、さらに昨年は兄弟子が受賞しました。自分もやっと、みんなと並べたという気がします。これからも多くの方に感動してもらえるクルマを作っていこうと思います」

NS100393 Image2


NS100393 Image3


NS100393 Image4

セダン部門最優秀賞はホシノインパルのフーガが受賞

18/01/14

NS100393 Image1


東京国際カスタムカーコンテスト 2018 セダン部門 最優秀賞
車両名 IMPUL 651S
出展者名 株式会社ホシノインパル

東京オートサロン2015で、日産スカイラインをベースにしたIMPUL 537Sで受賞して以来、ホシノインパル(中ホール5)が3年ぶりの受賞となりました。

東京国際カスタムカーコンテスト 2018 セダン部門最優秀賞を受賞した「IMPUL 651S」は、日産フーガがベースの一台。授賞式では星野一義代表ではなく、長男の星野一樹さんが登壇。2年前からインパルに就職。本格的に開発にも携わっています。

「フーガやシーマといった日産のフラッグシップは、インパルにとってもフラッグシップですので、十分に力を入れてやってきています。もちろんノートやセレナもやっていますが、やはり、多くのファンの皆様にはインパルはセダン、というイメージを持たれている方が多数いらっしゃいますので、その期待は裏切れませんね。この車両はフーガをよりスポーティかつエレガントに仕上げた一台となります。これからもインパルらしくレースからのフィードバックを盛り込んだ、インパルらしいエレガンスな車両を作っていきたいと思います。」

NS100393 Image2


NS100393 Image3

日本独自のジャンル、軽自動車でもっとも魅力的だったアルトワークス

18/01/14

NS100393 Image1


東京国際カスタムカーコンテスト Kカー・コンパクトカー部門 最優秀賞
車両名:GReddy ALTO WORKS
出展者名:TRUST


東京オートサロン2018に集う多くのカスタムカーの中から、来場者の投票によりジャンルごとに選出される東京国際カスタムカーコンテスト。そのKカー・コンパクトカー部門で最優秀賞に選ばれたのはTRUST(トラスト)のGReddy ALTO WORKSです。

北ホール中央付近のトラストブースで、まさしく山椒は小粒でもぴりりと辛いとばかりに存在感を示すGReddy ALTO WORKSは、軽自動車のホットハッチ、スズキ・アルトワークスを素材に、インタークーラーやオイルクーラー、オリジナルECUなどでトラストらしく走りを磨いた一台。アグレッシブな走りを予感させるカラーリングも目を引きます。

東京国際カスタムカーコンテストの表彰式では「軽自動車という大きな市場の代表として選ばれたことを大変うれしく思います」とコメント、まさに日本独自の進化をしているチューニングカーというわけです。

NS100393 Image2


NS100393 Image3


NS100393 Image4


NS100393 Image5