東京オートサロン2018 in 幕張メッセ 2018-01-12, 13, 14

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

鈴鹿10時間耐久のBSジャパン放映を発表!スタート&ゴールはライブで

18/01/13

NS100362 Image1



東京オートサロン恒例となっているグランツーリスモによるリアル&バーチャルトップドライバーの競演イベントだが、今年は「Suzuka 10H presents GT SPORT Stage」と銘打って行われる。このイベントに先立って「鈴鹿10時間耐久レース(通称、鈴鹿10H)」に関する発表会が行われ、国内外でのテレビ放送の概要が公表された。

鈴鹿サーキットを運営する株式会社モビリティランドの山下晋取締役社長は、この発表会で今年8月24〜26日に開催される鈴鹿10Hが、テレビ大阪の映像制作により世界各国に配信されることを語った。

NS100362 Image2

モビリティランドの山下晋社長


国内ではBS放送の7チャンネル「BSジャパン」で全国放送され、スタートとゴール時間はライブ中継が行われる。さらに世界有数のネットワークチャンネル「EUROSPORT/DISCOVERY CHANNEL」を通じて、欧米やアジアなど75カ国以上に放送される。国内でもインターネット動画配信サービスによる完全生中継で、鈴鹿10Hを楽しむことができるということだ。

NS100362 Image3

あいさつするBSジャパンの石川一郎社長とテレビ大阪の青山博社長(右)


ゲストとしてあいさつした株式会社BSジャパンの石川一郎代表取締役社長は「GT3による新しい耐久レースを放映させていただけることは、我々にとっても願ってもないチャンスです。スタートの1時間、ゴールの2時間はライブで放送する予定です。今、スポーツ中継は4Kに向かっており、今年は間に合いませんが、来年の鈴鹿10Hは4K放送で中継し、日本のモータースポーツ発展に貢献したいと考えております」とコメント。
また映像制作を担当するテレビ大阪株式会社の青山博代表取締役社長は「私たちどもは、2輪の鈴鹿8時間耐久や世界選手権など鈴鹿のレース中継を長年手掛けております。今回は鈴鹿10Hという素晴らしいコンテンツに関われるだけに、これまで築いた総力を挙げて素晴らしい映像を作っていきたい。私個人も今から鈴鹿10Hを非常に楽しみしています」と、鈴鹿10Hとそのレース中継への期待感を語った。

NS100362 Image4



「鈴鹿10時間耐久レース」は、日本のSUPER GT(GT300クラス)や海外のGTシリーズ戦で主力となっているGT3カーによる10時間に渡る本格耐久レースで、今年8月24〜26日に鈴鹿サーキットで開催される。賞金総額は1億円と破格で、国内外の有力チームの参戦が、すでに表明されている。鈴鹿10Hとしては今年が初開催であるが、鈴鹿の本格耐久レースとしては1966年から46回目となる伝統の一戦でもある。昨年までの「鈴鹿1000km」は草創期には日本のツーリングカー開発技術の競争の場として、発展期は世界のプロトタイプカーが競い、グループCカー時代は1000馬力のモンスターマシンが激戦を繰り広げた。2006年からはSUPER GTの一戦として開催され、鈴鹿1000kmとしては昨年で一旦幕を下ろした。そして2018年より、GT3カーを中心にSUPER GTのGT300車両(JAF-GT300)も含めて、世界のGTカーが競演する耐久レース「鈴鹿10H」として再スタートする。