東京オートサロン2018 in 幕張メッセ 2018-01-12, 13, 14

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

1/13 会場レポート Part 3

ブリッツは電動車両も積極的にチューニング!

18/01/13

幕張メッセ駐車場から入場すると最初に入るのが西ホールです。その入口近くで大きなブースを構えているのがチューニング界の雄、ブリッツです。

NS100357 Image1



ブースに並べられているデモカーは、レクサスLC、スズキ・スイフトスポーツ、ホンダ・シビックハッチバック、日産リーフ、ミニクーパークロスカントリーと多種多彩。リーフはもちろん、ミニクーパーもプラグイン(充電)を利用する電動車ですが、そうしたクルマであってもチューニングを楽しめることを証明しているようです。

NS100357 Image2



こうしたアプローチは電子パーツに強いブリッツらしいところですが、さらにドアミラーをカメラに置き換えるCMSシステムの試作品も展示。クルマのスタイリングを一新させるアイデアにも注目といえそうです。

みんモー、今回は全12台を生インプレッション

18/01/13

J-WAVEのラジオパーソナリティ・ピストン西沢氏が主宰の「みんなのモーターショー」。その走行イベントとして、今回も東京オートサロンとコラボレーションで実現した「みんなのモーターショー スーパー」。

NS100357 Image1



今回登場するのは、アバルト595 Competizion、アウディR8 Spyder、BMW M4 Competition、ホンダNSX、レクサスRC F “F”10周年記念特別仕様車、マセラティGranTurismo Sport、マツダGLOBAL MX-5 CUP仕様車、マクラーレン720S、メルセデスAMG E 63 S、日産GT-R NISMO 、トヨタGAZOO Racing VITZ GRMN、フォルクスワーゲンGolf R Performanceの12台。

NS100357 Image2


NS100357 Image3




今回も屋外イベント広場の脇には、国内外のプレミアム&スポーティな車両が並び、間近で出走車両が見ることができます。また、走行イベント「みんなのモーターショー スーパー」では、実際にイベント広場で、D1GPのMCなども務めている鈴木学氏とピストン西沢氏との掛け合いで、実際に車両を走らせながらこれらの車両を生でインプレッション。会場で実際の音、走り、そして匂いを感じることができます。

NS100357 Image4


NS100357 Image5



「みんなのモーターショー スーパー」は全12台を1回に半分ずつ紹介していくコーナーとなります。13日はこのあと13:05からと15:05から。14日は9:30からと10:10から、そして13:10からと13:50からとなります。

NS100357 Image6


NS100357 Image7

45周年のHKSが東京オートサロンに帰ってきました!

18/01/13

チューニング業界のビッグネーム、今年45周年を迎えたHKSが東京オートサロンに久しぶりに登場です。ブースの主役は750馬力までチューンナップされたトヨタ86「TRB-03」とプロトタイプのGTIIIターボチャージャーをセットされたスズキ・スイフトスポーツ。

NS100357 Image1



ブースの中にはエンジン系パーツ、サスペンションなど同社の製品が数多く展示され、説明員の方に質問ができるのはうれしいところ。100馬力にまでパワーアップされたホンダS660はデモカーとエンジンが並べて展示されています。

NS100357 Image2