東京オートサロン2018 in 幕張メッセ 2018-01-12, 13, 14

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

1/12 会場レポート Part 2

ケン・ブロックがついに東京オートサロンに登場!

18/01/12

屋外のイベント会場では、期間中さまざまなデモランが行われます。東京オートサロン2018の最初のデモンストレーションランは、世界に熱狂的なファンを持つケン・ブロック選手が登場です。

NS100319 Image1


世界ラリー選手権(WRC)やX-GAMESなどで活躍するアメリカを代表するジムカーナ&ラリードライバーであるケン・ブロック選手ですが、街中などでドリフトのパフォーマンスを行っている「ジムカーナ」シリーズの動画がネットにアップされており、合計で4億回以上も閲覧されているという人気のドライバーです。

NS100319 Image2


今回東京オートサロン2018には、動画サイトでも見かけるケン・ブロック選手のフォード・フィエスタが登場し、特設コース場内をくるくる走り回り、会場はタイヤスモークで包まれていきます。この白煙もすごいですが、エキゾーストも大きく、見ごたえたっぷり、です。

ケン・ブロック選手のデモンストレーションランは、13日は11:30からと14:00からの2回、そして14日は11:30からと14:40からの2回が予定されています。また、ケン・ブロック選手のトークショーも毎日トーヨータイヤブースで開催されます。

NS100319 Image3

プロジェクトミューブースでK-tunes RacingがSUPER GTのGT300参戦を発表

18/01/12

NS100319 Image1


プロジェクトミュー(西ホール2)は、ハイパフォーマンスなブレーキシステムで著名なブレーキ総合メーカーだが、国内外のモータースポーツでも広く活躍しています。このプロジェクトミューブースで、岡山トヨペットを母体とするK-tunes Racing TeamがSUPER GTのGT300参戦を発表しました。

NS100319 Image2


チームオーナーの末長和範さん(岡山トヨペット社長)は、昨年GT300クラスに参戦したLMcorsaとプロジェクトミューとの協力関係を得て、2018年のSUPER GTにレクサスRC F GT3で参戦することを発表。岡山は剣豪・宮本武蔵の生誕の地であり、桃太郎伝説の地であることから、チームのコンセプトも「Samurai(さむらい)」として、SUPER GTの戦国時代に挑むと語りました。お披露目された96号車RC F GT3もマッドブラックを基調に、とても渋いカラーリングです。

NS100319 Image3


ドライバーはGT300最多勝を記録している新田守男選手と、昨年RC F GT3で2勝を挙げてタイトルを争った中山雄一選手の強力コンビ。そして、中山選手の2勝をバックアップした影山正彦監督が、このチームの指揮を執るそうです。中山選手は「新田守男選手の最多勝をさらに増やし、今年こそタイトルを勝ち獲りたい」と決意を語り、新田選手と影山監督も「地元である開幕戦岡山が楽しみ」と大きな応援が期待される開幕戦に気持ちを馳せていました。

NS100319 Image4

21年目のARTAは新しいデザインでスタート!GT500チームには伊沢選手が加入

18/01/12

オートバックス(中ホール6)では、支援するAUTOBACS RACING TEAM AGURI(ARTA)の2018年体制発表とARTAのリブランディングに関する発表が行われました。

ARTAは1998年、元F1ドライバーの鈴木亜久里さんとオートバックスが協力し、「世界に通用するドライバーを育成する」を目的にスタート。昨年はSUPER GTで史上初の両クラス・ポール・トゥ・ウインという快挙も達成した強豪チームです。
21年目を迎える2018年は、ARTAのロゴをはじめ、ブランドデザインを一新。オートバックセブンのマーケティング担当、小曽根憲執行役員がプレゼンテーションを行いました。新らしいデザインは、プロフェッショナルなレーシングチームらしさ、サーキットで目立つこと、そしてスポーツファッションとしてのセンスアップを目指したそうです。このオートバックスのブースも、このコンセプトでかっこよくデザインされています。

NS100319 Image1


その中、2018年のチーム体制が発表されました。GT500クラスのチームは今季もARTA NSX-GTを使用し、野尻智紀選手と9年ぶりにARTA復帰となる伊沢拓也選手のコンビ。GT300チームは昨年同様にARTA BMW M6 GT3に、高木真一選手とショーン・ウォーキンショー選手(本日は欠席)で挑みます。チームの指揮を執るのは、ご存じ鈴木亜久里監督、そして土屋圭市エグゼクティブアドバイザーです。このメンバーに小林喜夫巳オートバックセブン社長も加わり、フォトセッションとなりました。

NS100319 Image2


オートバックスブースでは、新たなデザインのARTAグッズが先行販売されるそうですので、ぜひご覧ください。

NS100319 Image3


NS100319 Image4

日産ブースの注目はデビュー目前「セレナe-POWERオーテック コンセプト」、近藤真彦さんも登場!

18/01/12

日産のブースでは、同社のカスタマイズを一手に引き受ける『オーテック』ブランドが一押しです。登壇した、片桐隆夫さんはオーテックジャパンとニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)両社の社長兼最高経営責任者を兼任する、まさにキーマン。

NS100319 Image1


その片桐さんが紹介したのが湘南ブルーのエンブレムもまぶしい「セレナe-POWERオーテック コンセプト」です。日産のカスタマイズブランドとして知られるNISMOがピュアスポーツを担うとすれば、新生オーテックが目指すのはプレミアムスポーティ。走りを磨き上げているのは両ブランドに共通ですが、外観やチューニングを差別化することにより、それぞれの個性を引き上げています。今回の展示車両はオートサロン用に仕上げたスペシャルバージョンですが、市販時の価格は298万5000円〜と発表されました。

また、オーテックジャパンからは「エルグランド ジェットブラック アーバンクロム」という新しいカスタム仕様も登場。そのデザインを担当した有田 翔さんとKONDO Racingの近藤真彦さんとのトークショーでは、エルグランド・オーナーでもある近藤さんが、大人も満足できるプレミアム性を実現したという「エルグランド ジェットブラック アーバンクロム」の魅力について語り合います。

金曜日の東京オートサロンに初めて来場したという近藤さんは「僕のようなクルマ好きは、オートサロンに来るとカスタムしたクルマに乗りたくなります。エルグランドはもともとスポーティで、なおかつ後席の快適性にも優れたクルマですから、こうしたプレミアムな仕様は魅力的です。エルグランド ジェットブラック アーバンクロムが似合う男になりたいですね」と会場をわかせていました。

NS100319 Image2

クールテック技術応用の新型ペトロナス・シンティアム7000 0W16が登場

18/01/12

PETRONAS(西ホール2)では、エンジンの過熱を抑えるために新配合された低粘度乗用車用モーターオイル「ペトロナス シンティアム7000 0W16」が発表されました。発表会にはペトロナス・ルブリカンツ・インターナショナルのグループCEO、ジョゼッペ・ディアアリゴさん自らが登場し、このオイルのプレゼンテーションを行いました。

NS100319 Image1


「シンティアム7000 0W16」はイタリアのトリノにあるグローバルリサーチ&テクノロジーセンターで開発され、クールテック技術により高温酸化制御試験で最高19%、摩耗制御試験で42%(社内設定値に対して)優れた結果を記録しました。これにより、燃費効率の高い自動車に対する絵快適な需要とCO2排出量削減に対応しています。
発表会にはディアアリゴCEOのみならず、技術責任者であるエリック・ホルトゥーゼンさんやジョゼッペ・ペドレッティCCO、アジアリージョナルヘッドのモハマド・カリード・ラティフさんと重要人物も出席され、力の入れようがうかがわれます。

NS100319 Image2


ペトロナスのモーターオイルはF1をはじめ、SUPER GTなどレーシングカーにも使用され、優秀な結果を残しています。ブースには昨年のSUPER GTで活躍したシンティアム・アップル・ロータス,SYNTIUM LMcorsa RC F GT3も展示されています。ぜひ、PETRONASブースでその実力を確認してみてはいかがでしょうか?

NS100319 Image3