東京オートサロン2017 in 幕張メッセ 2017-01-13, 14, 15

YouTube 出展者 メディア ENGLISH

1/14 会場レポート Part 3

日産ブース、2台の参考出品車を出展

17/01/14

日産自動車/オーテックジャパン/ニッサン・モータースポーツ・インターナショナルのブースでは、日産GT-Rやセレナ、そしてノートe-POWERを中心とした幅広い車両のカスタムモデルが並んでいます。

NS100270 Image1



今回参考出品車両として登場したのは、2台。2017年で生誕60周年を迎えるスカイラインのコンセプトモデル「SKYLINE Premium Sport Concept」は、カーボンのエアロパーツに、ダークカラーのクロームパーツと、マットグレーアルミニウムというマットなボディカラーでスポーティさを増した外観に、専用エグゾーストを装着しています。

NS100270 Image2



もう一台は「SERENA Highway Star Premium Sport Concept」。こちらはセレナ ハイウェイスターをベースにプレミアム感とスポーティ感をプラス。エクステリアとインテリアにブロンズカラーのアクセントを配し、内装もキルティングやパイピングを施したブラウンのレザーを採用しています。

壇上には、「NISSAN GT-R MY17 Premium edition」と「NISSAN GT-R NISMO N Attack Package」が並び、11月の国内販売台数で30年ぶりの首位を獲得したノートの「NOTE e-POWER NISMO」、そして「NOTE e-POWER Mode Premier」も実車に触れて確認することができます。

NS100270 Image3



さらに、2016年SUPER GT GT500クラスの「MOTUL AUTECH GT-R」や、スーパー耐久シリーズ2016 ST-Xクラスでシリーズタイトルを獲得した「スリーボンド日産自動車大学校GT-R」も出展されています。

NS100270 Image4

フォルクスワーゲンが正規ディーラーで扱うチューニングパーツを初披露

17/01/14

2017年1月より、正規ディーラーにおいてもチューニングパーツを扱うことになったフォルクスワーゲン。今回の東京オートサロンは、そうしたチューニングパーツとブランドをお披露目する場となりました。

NS100270 Image1



さて、正規ディーラーで取り扱うブランドは「コックス」と「エッティンガー」。日本の道路事情やユーザーに最適な専用パーツを開発しつづけているのがコックス。エッティンガーは初代ビートルの時代からフォルクスワーゲンのチューナーとして知られるドイツの老舗です。

NS100270 Image2



フォルクスワーゲン・ブースでは、コックスのレーシングサービスをイメージさせるディスプレイでオリジナルスプリングキットやステンレスマフラーなどをアピール。エッティンガーとフォルクスワーゲンの純正アクセサリー部門が共同開発したエアロパーツなどを装着したデモカーも展示されていました(エッティンガーのパーツ類は発売予定)。

NS100270 Image3



なお、今回ラインナップされるチューニングパーツが対象とするのは、現行タイプのゴルフGTIとゴルフR。コックスのアイテムは1月13日から全国の正規ディーラーで取り扱いが始まっています。

SUPER GTドライバーが各メーカー&チームのブースで活躍

17/01/14

たくさんのクルマを見られることが東京オートサロンの魅力ですが、もうひとつ忘れてはいけないのが、それを操るドライバーの存在です。
日本のみならず世界的に知られる人気レース「SUPER GT」のレーシングドライバーたちも、この東京オートサロンを訪れて各メーカーやチーム、関連企業のブースでトークショーやサイン会など、各種アトラクションに参加し、クルマやレースの魅力を紹介していました。最終日となる明日もいろいろな場所に登場しますので、憧れの選手がいる方はまず各ブースでショータイムをチェックし、見逃さないようにしてくださいね。

NS100270 Image1


NS100270 Image2


NS100270 Image3


NS100270 Image4


NS100270 Image5


NS100270 Image6



 東京オートサロンの公式Twitterでもトークショーなどの情報は随時流していますので、そちらも活用して、ドライバーたちに出会ってくださいね。

ブリヂストンブースで広告になりきる

17/01/14

走る歓び、クルマを操る楽しさ」「人とタイヤが一体となる楽しさ」を共有することをテーマに、様々なジャンルの車両を展示し、ポテンザの世界観を演出するブリヂストン・ブースでは、毎日数多くのトークショーが展開されています。

NS100270 Image1



そのカテゴリーもアメリカのインディカー・シリーズから、ドイツで行なわれているニュルブルクリンク24時間耐久レース、国内ではSUPER GTシリーズ、そしてTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race、さらには全日本ジムカーナまで様々。各参戦ドライバーがゲストとして登場しトークショーが繰り広げられます。

NS100270 Image2



また、今回、POTENZAフォトスタジオなる新たなアトラクションが登場しています。ブース内に作られたフォトスタジオで、プロカメラマンに撮影してもらった写真をポテンザの広告と合成するというものです。この合成広告写真、なかなかの完成度です。

ツインドリフトでトーヨーのCMを再現

17/01/14

トーヨータイヤを展開している東洋ゴム工業は「加速する情熱(Acceleration)」をコンセプトに据えたブースを出展しています。この春に登場予定の「PROXES Sport(プロクセス スポーツ)」が展示されています。これは、最新のナノバランステクノロジーを採用した低燃費・ウエット性能向上を実現したフラッグシップタイヤです。

NS100270 Image1


NS100270 Image2



屋外イベント広場では、Team TOYO TIRES DRIFTの2名の選手によるTOYO TIRES デモランも開催されています。Greddy 35RX SPEC-D(川畑真人選手)とTOYO TIRES TOYOTA 86(藤野秀之選手)がトーヨータイヤのCMを再現。さらには、サッカーボールをマシンの後輪で実際に蹴るパフォーマンスも行なっています。

NS100270 Image3


NS100270 Image4


NS100270 Image5



韓国人アーティスト、Yong Ho Ji氏が制作したライオン彫刻(使用済みタイヤ80本からできている)も屋外イベント広場のピットに登場しています。

NS100270 Image6



TOYO TIRESデモランは、15日(日)も午前9時5分から、と午後12時10分からの2回開催となります。

溝とノリを体験するコーナーが出現

17/01/14

ブースの入り口に大きく「GROOOOVE」と描かれたFALKENブース。そのコンセプトは「GROOOOVE 〜足元に、個性はあるか?〜」とあります。「溝」と「ノリ」の意味を持つグルーブにかけているわけです。

NS100270 Image1



ブースの奥には「GROOVE体験」という体感型コンテンツも用意されています。ここでは高インチタイヤ・ランフラット・4×4・オールシーズンの4種類のタイヤから一つを選択し、映像と音楽に合わせてそのタイヤを右へ左へと動かして回転数をアップし、4つのタイヤのグルーブ(溝)に触れながら体験するコーナーも用意されています。

NS100270 Image2



また、2015年からレッドブルエアレース日本大会に協賛し、アジア人初のエアレースパイロットである室屋義秀選手のスポンサードしているFALKENらしく、前回同様、今回もチームファルケンの機体模型を展示しています。

NS100270 Image3

おしゃれなトラックの運転席が体験できる日野自動車ブース

17/01/14

商用車メーカーながら、東京オートサロンではおなじみとなった日野自動車。2017年のブースを飾るのは大型トラック「プロフィア」と小型トラック「デュトロ」。おしゃれに飾り付けられたデュトロの荷台には風船が満載、明るく楽しい街をイメージしたブースになっています。

NS100270 Image1



プロフィアの荷台はステージとなっています。ここではコンパニオンといっしょに記念撮影ができたり、ダンサーによるパフォーマンスが演じられたりと、トラックメーカーらしい演出がなされています。

NS100270 Image2



また、プロフィア、デュトロとも運転席に座ることができるのは、商用車ファンにはうれしいところ。お子さんなども積極的にハンドルを握り、トラックの高い視点を楽しんでいました。大型トラックのコクピット体験は珍しいのか行列もできているほど。気になる方は、早めにブースに向かいましょう。