1/16 会場レポート Part 3

モータースポーツに直結したタイヤの魅力を満喫

16/01/16

2015年のGT300チャンピオンマシンの「日産GT-R NISMO GT3」と1963年にル・マン24時間耐久レースにチャレンジしたレーシングカー「アルピーヌM63」という時代を超えた2台のマシンに共通しているのは、その足元にダンロップのタイヤを履いていることです。

2015年のスーパーGT GT300クラスで優勝2回、2位2回という圧倒的な戦績でチームチャンピオンを獲得した「GAINER TANAX GT-R」を支えたレーシングタイヤ。フランスのメーカーながら、あえて英国のタイヤを選んだアルピーヌの合理性。いずれもモータースポーツにおいてダンロップが性能を磨き上げていることを示しています。

ブース内のステージででは、スーパーGTや全日本ラリーで活躍するチームやドライバーのトークショーも行なわれる予定となっています。

NS100149 Image1



NS100149 Image2

動く『みんなのモーターショー』で世界の名車を走行インプレ!

16/01/16

レーシングドライバーとしても活躍するラジオDJ、ピストン西沢さん主宰のクルマイベント『みんなのモーターショー』が、スーパー版へパワーアップして東京オートサロンの屋外会場の特設コースで開催されています。

NS100149 Image1



アウディTTSクーペ2.0TFSIクワトロ、マクラーレン570S、BMW i8、メルセデスAMG GT S、ホンダ・シビックタイプR、レクサスGS F、日産GT-Rニスモ、マツダ・ロードスター、フォルクスワーゲン・ゴルフR、そしてトヨタ86-ポテンザRE71Rといった総額で億を超えるスーパーカー&スポーツカーをピストン西沢さんとMC鈴木学さんの掛け合いでドライブしながら解説するというプログラム。

貴重で高価なモデルということで、MCの鈴木学さんが「ちょっと、ちょっと〜」と止める中、アクセルを全開にしてしまうピストン西沢さんのアグレッシブなインプレッションタイムは、スーパーカーのエンジンサウンドなどを間近に感じることができる貴重な時間となっています。

みんなのモーターショー スーパーの開催スケジュールは、1月16日が10:00〜10:50・14:10〜15:00、1月17日は10:00〜10:50・14:00〜15:00となっています。

NS100149 Image2



NS100149 Image3

迷子・おとしものセンターは中ホール5 2階です

16/01/16

中央ゲートの正面、2階コンコースにある会場案内図の赤い大きなパネルの裏側が「迷子・おとしものセンター」です。迷子のお子様は保護者の方と連絡が取れない場合、こちらに保護されます。ゲートにあるキッズパスなどをご利用いただければ、スムーズに保護者の方に連絡が取れるかと思います。落とし物の問い合わせもこちらまでお越し下さい。

NS100149 Image1



NS100149 Image2

多機能トイレはホールのコンコース側などに設置

16/01/16

幕張メッセの国際展示場西ホール1から東ホール8のホール内の2階コンコース側(北側)と、2階コンコースの2か所のトイレが多機能トイレとなっています。上記トイレには、ベビーシート・ベビーチェアが設置されています。またオストメイト対応の多機能トイレも設置されています。北ホールを含めて、各ホールのトイレには男女用ともに多機能トイレの用意があります。

NS100149 Image1



NS100149 Image2



NS100149 Image3

入場ゲート先にあります! ご利用くださいキッズパス

16/01/16

迷子防止にキッズパス(子供迷子防止ステッカー)が有効です。キッズパスは入場ゲートを抜けてすぐのテーブルに用意されています。お子さんのお名前と当日連絡が取れる保護者の方の連絡先を記入するようになっています。

NS100149 Image1



NS100149 Image2