1/16 会場レポート Part 1

マーチ・ジュークなどで仏ロリータレンピカとコラボレーション

16/01/16

NS100147 Image1


コンプリートカー、パーツをはじめ、チューニング&カスタマイズのブランドとしては、NISMO、オーテックを擁する日産は数多くのカスタマイズモデルを展示しています。

その性能を裏付ける、モータースポーツ参戦車両として、SUPER GT GT500クラスで2014/2015年と2年連続してシリーズチャンピオンを獲得した「MOTUL AUTECH GT-R」をエンジンパーツなどとともに展示。

NS100147 Image2



さらにストリートモデルとして、GT-R NISMO NアタックパッケージをはじめとしたNISMOロードカーや、シルフィーSツーリングなどのオーテック・ライダーシリーズも並びます。なかでも注目なのは、新しいカスタマイズモデルとして登場した、マーチ、ノート、ジュークをベースに、フランスのアパレルメーカーLolita Lempicka(ロリータレンピカ)とのコラボレーションによるカスタムカー。内外装へのカスタマイズはブラックレザーやダーククロムなどを用いて製作されています。

NS100147 Image3

エアレースからエアロバイクまでが並ぶファルケンブース

16/01/16

NS100147 Image1


ファルケンブース(西ホール1)では、Experience the PULSE 〜走りの鼓動を、体感せよ。〜をテーマとした展示を実施。ブースに鎮座する飛行機は、レッドブルエアレース チームファルケンの機体模型で、幕張メッセのお隣、幕張海浜公園で開催されたCHIBA戦でも活躍した室屋選手の機体がベースとなっています。

最新タイヤや、FALKENモータースポーツチームのポルシェ997型GT3カップカーの展示のほか、鼓動体験コーナーとして、エアロバイクを漕いで、自分の鼓動の変化を映像と音で体感できるアトラクションも用意されています。

NS100147 Image2


NS100147 Image3

トーヨータイヤのブースコンセプトは「点火」!

16/01/16

NS100147 Image1


東京オートサロン2016から新たなトーヨータイヤが始動する「点火(ignition)」をブースコンセプト。エンジンスタートがイメージです。白色を基調カラーとしたブースにタイヤラインナップを展示するほか、タイヤ銘柄をクルマとの組み合わせによってイメージテーマを持たせているのも特徴です。TRANPATH LuUとTOYOTA VELLFIREはLuxury、PROXES T1 Sport SUVとPORSCHE MACANでSophisticateと言った具合。さらにコンセプトモデルでも、OPEN COUNTRY CONCEPTがSUZUKI HUSTLERとコラボしてFreedom、PROXES Sport CONCEPTがAudi R8とともにPassionを表現します。

ステージエリアでは、タイヤの商品特性をダンスパフォーマンスで表現。ボディパフォーマンス集団「CYBERJAPAN DANCERS」を4年連続で今年も起用。ステージでは、ダンス・音楽・ライティング・映像がコラボレーションしたトーヨータイヤの世界観を表現しています。

NS100147 Image2


NS100147 Image3

すべらないアドバン消しゴムは個数限定!

16/01/16

NS100147 Image1


毎年お越しの皆さんはご存知のとおり、横浜ゴムの出展ブースは、タイヤブース(西ホール2)とホイールブース(西ホール2)の2つに分けられていますが、そのいずれもが、グローバル・フラッグシップブランド「ADVAN」のハイパフォーマンス性を象徴するつくりとなっています。

今回紹介するタイヤブースのトピックは、2016年からADVANレーシングタイヤをワンメイク供給することとなった国内最高峰のフォーミュラレースである全日本スーパーフォーミュラ選手権のマシン。さらに、スーパーGT参戦マシンの展示と「ADVAN=走り」強力に印象づける2台が展示されています。また、未発表のスポーツラジアルタイヤのプロトタイプも参考出品されています。

NS100147 Image2



「ADVAN Sport V105」の高い技術力と走行性能をアピールするため、ドレスアップ&チューニングカーを展示を、オススメの車両や装着可能なタイヤサイズとともに紹介するほか、ADVANタイヤの全15種をフルラインアップで展示するほか、さらに、昨年SNSのツイッターですべらないと話題になった「ADVAN消しゴム」も数量限定で販売されています。

そのほか、昨年7月からパートナーシップ契約を開始したバークレイズ・プレミアリーグ「チェルシーFC」コーナーも設置。ステージイベントでは全日本スーパーフォーミュラ選手権のドライバーに加え、スーパーGT参戦の片山右京監督、近藤真彦監督、織戸学選手、谷口信輝選手らによるトークイベントが開催されます。

NS100147 Image3


NS100147 Image4


NS100147 Image5



ホイールブースでは「ADVAN Racing(アドバン・レーシング)」ブランドをメインに紹介し、フラッグシップモデルとして高い人気を誇る「ADVAN Racing GT」ではポルシェ専用サイズを紹介する。また「ADVAN Racing RS-DF」のプログレッシブモデルとなる18インチモデルや「ADVAN Racing RG-D」の後継モデルを初披露。さらに大好評の「ADVAN Racing RZII」に追加された「ADVAN Racing」史上初の軽自動車向け商品を展示する。

スタートは北ホール、メインゲートから

16/01/16

NS100147 Image1



おはようございます。
穏やかな天気となった東京オートサロン2日目、16日(土)一般入場日の朝です。昨日15日(金)の特別公開日は7万9000人に近い入場者数となりました。本日も多くの退場者が予想されます。入場をスムーズし、皆さんが少しでも早く会場へ入れるようにするためにも、整列入場へご協力をお願いいたします。

海浜幕張駅方面から会場へ向かう皆さんの会場への入場は、北ホールのメインゲートからが便利です。そのまま北ホールにアクセスするはもちろん、中央ゲート方面にもゲート入場後に左にむかう形で、中央ゲート脇の連絡口に向かうことができます。メインゲート入場後に中央ゲート方面の連絡口に向かうには、メインゲートから左にUターンして屋外に出て、テント前にてメッセモールを右折するルートとなります。

NS100147 Image2


NS100147 Image3



中ホール経由で東ホール、西ホール方面へもアクセス可能! 最初に行くブースに悩んだらひとまずメインゲートから入場してください。

NS100147 Image4


NS100147 Image5



メインゲート手前で、整列入場の案内が入る場合があります。入場者数により列が長い場合、前売り券の方も当日券の方も一度同じ列に並び、その後に分かれることになる場合もあります。係員の案内に従って、指示された列へお並びください。

NS100147 Image6

POTENZAを軸とし、人とタイヤが一体となる楽しさを表現

16/01/16

NS100147 Image1


ブリヂストンブース(西ホール3)では、サーキットを基盤に歩む、同社の国内外におけるさまざまなモータースポーツ活動、また「最高の走りの歓び」を足元から支えていくグローバル・プレミアム商品ブランド「POTENZA」を軸に、「人とタイヤが一体となる楽しさ」を表現。

ブースには、POTENZA、Prodriveホイールの商品展示のほか、SUPER GTレーシングカー、POTENZA装着車両の展示、Zone体感コーナー、映像パフォーマンスなどが用意されています。

特設ステージでは、SUPER GT、ニュルブルクリンク24時間耐久レース、86/BRZ Race、ジムカーナ選手権などの参戦ドライバーやチーム監督などをゲストに迎えたトークショーを開催。このほか「POTENZA」の世界観を表現したダンスパフォーマンスも予定されています。

NS100147 Image2


NS100147 Image3


NS100147 Image4

イオン幕張新都心グランドモールでもオートサロン?

16/01/16

NS100147 Image1


東京オートサロン2016の会場である幕張メッセからほど近い、イオン幕張新都心グランドモールでもオートサロン気分が味わえることはご存知でしょうか。

グランドモール1F館内に、NATS 日本自動車大学校の学生が製作した「NATS MBW550」と、オートサロンに長年出展しているRE雨宮の製作した「過給圧上昇7 FAINAL」が展示されているのです。

NS100147 Image2


NBW550は、名前の通り550cc時代の軽自動車「スズキ・マイティボーイ」をビーエム風味にカスタマイズした車両で、ベース車の荷台を活かしているのもキュートな雰囲気。


NS100147 Image3


NS100147 Image4


RE雨宮のマシンは、もちろんマツダRX-7がベースとなっていて、この車両は購入可能というのもファンには気になるところではないでしょうか。

オートサロンの予習・復習に、イオン幕張新都心グランドモールに立ち寄るというのは、今年も東京オートサロンの楽しみ方となっています。

初日入場者数は昨年より大幅増の78,867人!今日も楽しんでください!!

16/01/16

NS100147 Image1


今年も好天に恵まれた「東京オートサロン 2016」。初日の15日(金)は特別一般公開日で午後3時からの開場であったにも関わらず、閉館が午後8時と延長されたこともあってか、なんと昨年比で112%と大幅増となり、来場者数は78,867人に達しました。ありがとうございます。

本日、2日目はいよいよ一般公開日。今日も良い天候の予報です。土曜とあって、昨日は少なかったレーシングドライバーをはじめとするゲストも多数登場し、各ブースを賑わせています。そして、すてきなコンパニオンさんたちも笑顔でお待ちしています。大いに東京オートサロンを楽しんでいってください!

NS100147 Image2