1/15 会場レポート Part 1

着せ替えできるダイハツ・コペンの楽しみを拡大

16/01/15

NS100120 Image1


ボディを着せ替えるように変えることができるという新しい提案をするダイハツ・コペン。その楽しみ方をユーザーと共に高めようということで、様々な試みがなされています。

その一つが、2015年に開催された「コペンDRESS-FORMATION DESIGN AWARD」です。そのコンテストに集まった562点のアイデアから選ばれたグランプリデザイン『コペン アドベンチャー』が、東京オートサロンでは実車になって登場です。

グランプリを受賞した越阪部圭亮さんは「学校では1/4モデルを使っているので、こうして実車サイズで自分のデザインを見るのは感激です。イメージ通りに実車で再現されているのは、製作された方に感謝したいと思います」とコメントしました。

そのほか、ダイハツ工業のブースでは新型車キャストの世界観を広げるカスタマイズ車やコペンをベースとしたクーペやシューティングブレークのコンセプトカーが展示されています。

NS100120 Image2

295馬力! 史上最強のゴルフGTIの日本発売を正式発表

16/01/15

NS100120 Image1


東京オートサロンに初出展したフォルクスワーゲングループジャパンは、欧州におけるホットハッチ(熱い走りの2BOX車を指す言葉)の原点といえる同社の「GTI」ブランドについて1976年からはじまる歴史についての発表を行ないました。

そして、記念すべきGTI40周年となる2016年、史上最強かつ究極のGTIとして「ゴルフGTIクラブスポーツ」を導入することを正式に発表しています。スタンダードなゴルフGTIは最高出力220馬力なのに対して、ゴルフGTIクラブスポーツの最高出力は265馬力。さらに10秒間だけ使えるパワーブースト機能を使えば、295馬力までパワーアップさせることができるといいます。

史上最強というパワーが生み出す加速性能は0-100km/hが約5.9秒というもので、ルーフスポイラーや前後スポイラーといった空力パーツを備えるほか、足元は19インチ鍛造ホイールによってグレードアップされています。

発売時期は2016年中旬。台数や価格といった詳細は決定次第発表されるということです。

NS100120 Image2


NS100120 Image3

デンソーはドライブの快適性をアップさせる新製品を発表

16/01/15

NS100120 Image1


スパークプラグやエアフィルターなどで知られるデンソーは、東京オートサロン2016においてプラズマクラスターイオン発生機とETC2.0車載器という2種類のアイテムで新製品を発表しました。

プラズマクラスターイオン発生機の新製品は、従来からあるカップタイプと家庭でも使いやすいノームスタイルという2つ。カップタイプについては筐体デザインを一新したもので、いずれもUSB電源となっているため場所を選ばず使うことができるというのがセールスポイントです。とくに新スタイルのノームスタイルは、シートから吊るしたり、家庭では机上に置いて使ったりと場所をとらずにプラズマクラスターイオンの生み出す「いい空気」を味わうことができるのがメリットだということです。

新しいETC2.0車載器「DIU-A010」は、コンパクト設計で、従来のETCユニットと同等サイズになっているため置き換え時にも場所に悩むことが少ないというのがポイント。12V・24V兼用なので、幅広い車種に装着することも可能です。

そのほか、デンソーのブースでは4A-Gエンジンのヘッド部分を使ったスパークプラグの装着体験コーナーでは、実際にプラグの脱着に挑戦できるなどデンソーの生み出している製品を身近に感じることができるブースとなっています。

NS100120 Image2


NS100120 Image3

SUBARU/STIが今季のモータースポーツ体制を発表

16/01/15

NS100120 Image1


SUBARU/STI(東ホール7)では2016年のモータースポーツ体制を発表しました。今季もスバルテクニカインターナショナル(株)の辰己英治総監督の下、スーパーGTには、昨年に続きBRZで参戦。ドライバーも井口卓人選手と山内英輝選手、メンテンナンスはR&Dスポーツの体制で、優勝、そしてチャンピオンを目指します。ニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、WRX STIで、山内英輝選手、マルセル・ラッセー選手(ドイツ)、カルロ・ヴァン・ダム選手(オランダ)、ティム・シュリック選手(ドイツ)の4名体制でSP3Tクラスで2年連続4度目のクラス優勝に挑みます。スーパーGT参戦の井口選手は「昨年は1勝もできず悔しい思いをしました。この経験が今年に生きると思います。クルマではタイヤサイズの変更、エンジンもよりパワーアップすると聞いています。今年は強くて、かっこよくて、速いBRZをお見せできると思います」と、今季への意欲を語ってくれました。
ブースには2015年のGT300クラスを戦ったBRZに今季仕様サイズのタイヤを装着した車輌やニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦予定車である「WRX STI NBR CHALLENGE 2016」、全日本ラリー参戦車輌などが展示されています。

NS100120 Image2

新型プリウスがスーパーGT参戦!GT300クラスチャンピオンを目指す

16/01/15

NS100120 Image1


トヨタテクノクラフト(株)・TRD(北ホール9)では、昨年12月に発売が始まったばかりの新型プリウスによる2016年スーパーGT参戦体制の発表会が行われました。チームはGT300クラスでチャンピオンを争ってきた強豪のapr(エー・ピー・アール)です。aprは2012年にスーパーGT初となるハイブリッドマシン、プリウスGT(ZVW30型)を参戦させ、昨年は2勝を挙げてタイトル争いを繰り広げました。そして、今季は新型プリウス(ZVW50型)を昨年より1台増やした2台、31号車(嵯峨宏紀選手/中山雄一選手)と30号車(永井宏明選手/佐々木孝太選手)での参戦となりました。
31号車のファーストドライバーである嵯峨宏紀選手は「30型プリウスの安定した技術に加え、この新プリウスには僕らドライバーの意見も多く採り入れてもらいました。apr史上最強のGTカーになったと思います。去年は2勝を挙げながらチャンピオンを獲れませんでした。ならば今季は3勝を挙げチャンピオンを獲りたいと思います」とタイトルへの意気込みを語っていました。

中国のグローバルブランドタイヤ“万力”が日本初登場!

16/01/15

NS100120 Image1


中国を始め世界150各国に製品を輸出する広州豊力ゴムタイヤ有限公司のタイヤブランド「万力(ワンリー)タイヤ」が、日本に初お目見え。その発表が東京オートサロンで行われました。万力タイヤブース(北ホール11)での「日本初上陸・グローバルビジョン記者発表会」ではチン・ミャオ社長自らが登場し、30年以上の歴史を持つ中国のトップブランドであることや、世界150以上の国や地域で販売されていることを紹介しました。
「(自動車用品への評価の)厳しさ、真面目さで知られる日本の市場で当社のタイヤの品質を知っていただきたく、東京オートサロンに出展しました。安全性、耐久性、快適性、低燃費といった性能と経済性のバランスをお約束する“FOCUS BEST BALANCE”のグローバルスローガンの下で開発、製造された万力タイヤをぜひご覧になっていってください」と、ブースに並ぶタイヤを前に語っていました。

NS100120 Image2

10年目のニュルブルクリンク挑戦を誓ったトヨタGAZOOレーシング

16/01/15

NS100120 Image1


東京オートサロンのトヨタGAZOOレーシング・ブースでは2007年からはじまったニュルブルクリンク耐久レース参戦マシンを並べたメモリアルな展示となっています。開幕と時を同じくして行なわれたプレス発表会では、モリゾウ選手こと豊田章男社長がニュルブルクリンクでの思い出を振り返るトークショーに続き、2016年のニュルブルクリンク耐久レースへのチャレンジについての体制発表が行なわれました。

トークショーでは、2010年にトヨタのトップガン(テストドライバーの頂点)だった成瀬弘さんが亡くなったことをきっかけに、まるで成瀬氏のスピリットを受け継いだかのようにモリゾウ選手のドライビングスキルが上がったこと、またスポーツ4WDの評価能力においてはモリゾウ選手がトヨタ内でもトップであるといったことが語られ、まさにニュルブルクリンクでドライバーもクルマも、そして会社が鍛えられているといった内容でした。

そして、節目の10年目となる2016年のニュルブルクリンク耐久レースへのチャレンジは、TOYOTA GAZOO Racingとして発売前のハイブリッドカー「C-HR Concept」を新たに走らせるのに加え、昨年に引き続きレクサスRCを走らせます。さらに、今年はTOYOTA GAZOO Racing with TOM'SとしてレクサスRC Fも参戦します。

チーム代表は、もちろん豊田章男社長。現時点で発表されたドライバーはC-HR Conceptが影山正彦、佐藤久実 選手。RCが木下隆之、蒲生尚弥 選手、RC Fは土屋武士、大嶋和也、井口卓人、松井孝允 選手となっています。

NS100120 Image2


NS100120 Image3


NS100120 Image4

快晴の金曜日、間もなく始まります

16/01/15

NS100120 Image1



千葉県・幕張は好天、穏やかな天気に恵まれました。東京オートサロン 2016が幕張メッセを舞台に始まります。今年も幕張メッセ・国際展示場の全ホールに加えて、国際会議場やイベントホール、屋外展示場を使った史上最大級の規模で開催される東京オートサロンとなります。

初日1月15日(金)の一般特別公開は15時〜20時。当日売りの入場券は3,200円、1月16(土)〜17日(日)の前売り券は大人のみで1,800円、当日券は2,200円(大人)、1,700円(中・高生)。いずれも小学生以下は無料となっています。東京オートサロン オンラインチケットサービス、ローソン、セブン-イレブン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフ、チケットぴあ、Yahoo!チケット、イープラス、tixeeにて販売中です。

この日の午前はメディア(マスコミ)公開となっていますが、早くも多くの記者、カメラマンが押しかけていました。
公式ウェブサイトでは3日間にわたる東京オートサロンの模様を随時紹介していきます。お楽しみに!

NS100120 Image2


NS100120 Image3