1/11 東京オートサロン 2015 with NAPAC 会場レポート Part 2

Facebook

Twitter

遊べる自由なホイールFORGIATO

15/01/11

トータルでカスタマイズした愛車、そこに収まるホイールはデザインはもちろんインセットもキマっていなければ台無し。FORGIATO JAPAN(東ホール7)のホイールなら、ディスプレイされたデモカーのように、ツライチ・ツラウチどちらも自由に、オーダーメードで攻め込んだホイールアーチを作り上げられます。

NS100076 Image1


NS100076 Image2


NS100076 Image3

毎年の目玉がディスプレイされる「WORK SPECIALITES」がオシャレ

15/01/11

下からのスポットで照らされたホイールに目がいくワーク(東ホール8)のブース。ココでの注目はWORK SPECIALITESの専用ディスプレイ。そこにはジェムストーングラフィックスというまるで宝石のような特殊マシニング加工がされたホイールが展示されています。精密で美しい輝きを持った加工に注目してみてください。このほかNAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会JAWA事業部 西ホール3)のブースには、デザインから完全フルオーダーメードが可能なアルミホイール、心響 -SION- が参考出品されています。

NS100076 Image1


NS100076 Image2


NS100076 Image3

日産ファクトリーカスタムのデザインスタディ

15/01/11

レーシングカーや市販コンプリート車、純正アクセサリーによるカスタマイズ仕様などを出展する日産自動車(西ホール2)で注目したいのは、ライダー・シリーズなどファクトリーカスタマイズのノウハウが豊富なオーテックが考える未来のライダー仕様。セレナをベースとした「ライダー アドバンス スタディ」は、先進性・スマート感・ダイナミックをキーワードに、まさしくオーテックの持つ圧倒的な技術力が生み出した一台です。

NS100076 Image1


NS100076 Image2


NS100076 Image3

DJ、モデル、ポールダンサー達と鍛造ホイールのコラボ

15/01/11

TWS(中ホール5)2015年のブースでは、壁一面オール鍛造のホイールラインナップもさることながら、そのホイールを履いたスーパーストリートマシン達とDJ、モデル、ポールダンサー達のコラボレーションに注目です。パフォーマンスは10時からスタートし、最終の17時45分のエンディングまで組み合わせを変えて開催されていますので、立ち寄ってみてください。

NS100076 Image1


NS100076 Image2

東京オートサロン2015、3日目・最終日も晴天です

15/01/11

東京オートサロン2015 with NAPAC、3日目・最終日を迎えました。本日も晴天に恵まれ、朝から多くの来場者が会場である幕張メッセに集まっています。各ブースも最終日に向けて、早朝から準備万端。カスタムカーの祭典をお楽しみあれ!

NS100076 Image1


NS100076 Image2


NS100076 Image3


NS100076 Image4