1/11 東京オートサロン 2015 with NAPAC 会場レポート Part 1

Facebook

Twitter

サーキット系ホイールRI-Aがイチオシ

15/01/11

BBS(西ホール2)今年のトピックは、サーキットランナー達に向けて開発されたアルミ鍛造1ピースホイールRI-Aです。レーシングホイールのテクノロジーをフィードバックした製品で、今春発売予定。参考出品のサイズも18インチの10.5Jと295幅のタイヤなどに使えるサイズなのが、うれしいですね。

NS100075 Image1


NS100075 Image2


NS100075 Image3

コンパクトサイズをマキシマムデザイン 400TDC

15/01/11

着せかえ=DRESS-FORMATIONのカスタムモデルの1台としてディスプレイされているTAMON DESIGNの400TDC。そのコンセプトはしっとり感。フロントサイドインテークの丸みを帯びながらも柔らかな曲面でリブがたつ造形など、素直でありながらディテールへのこだわりを感じさせる仕上がりです。骨格プラス樹脂外板構造というコペンのメリットを最大限活かし、パーツのパーティングラインさえもデザインの一部として取り入れたパネルメイクが軽規格の制限の中で、輝いています。

NS100075 Image1


NS100075 Image2


NS100075 Image3


NS100075 Image4

「無限・MUGEN」デカールをまとった6人乗りワゴン

15/01/11

本田技研工業(中ホール4)にはデビュー前のモデルも数多く参考出品されています。なかでも、2月13日に発売されることが予告されている3列シートのハイブリッドミニバン「ジェイド」は注目モデル。もちろん、ホンダのブースではエアロパーツなどを身につけたスペシャルモデルが展示されているのです。レーシングシーンでも活躍する無限の手がけたジェイドは、オリジナルパーツをプラスしているだけでなく、ボンネットなどに「無限・MUGEN」のロゴが無数に入ったデカールをつけ、スポーティな雰囲気を醸し出しています。

NS100075 Image1

ガンメタのトーンとシャープなエッジのスポークに注目!

15/01/11

2015年の新製品は鍛造・鋳造の製品が、裏表のラックにまとめられているので、まずそこからチェックしてみても良いかもしれません。今年のレイズ(西ホール2)、特に鍛造ホイールは、ダイアモンドダークガンメタのZE40やTE37、G25に塗られたプレスドブラッククリアーなど、ダークカラーが中心なのがわかります。スポーク面がグレートーンで深みを与える中、スポークのエッジに光が当たった際にシャープに輝くのは、レイズの鍛造ならでは。注目です。
超超ジュラルミン製のTE37 CONSEPT FOR S-SUV 22 7075 FORGEDも、素材そのものではなく、剛性解析などに裏付けされた設計と、スポークに施された加工などの製造技術に驚けますよ。

NS100075 Image1


NS100075 Image2


NS100075 Image3

登場あるか! BLITZENコンセプト

15/01/11

2006年以来となるブリッツェンシリーズの再開があるかもしれません。新型レガシィB4をベースとする「BLITZEN CONCEPT」がイメージカラーのプレミアムレッドをまとってワールドプレミアとなりました。専用の内外装は初代ブリッツェンの正常進化にも見える、まさにレガシィを継承したディテールとなっています。

NS100075 Image1


NS100075 Image2