1/10 東京オートサロン 2015 with NAPAC 会場レポート Part 6

Facebook

Twitter

東京オートサロン2日目終了!コンパニオンの笑顔で疲れを癒しましょう…

15/01/10

東京オートサロンの2日目も終了となりました。ご来場いただきました皆さま、ありがとうございます。明日にご来場を予定している皆さま、お待ちしております! 残念ながら、今年は……という皆さまは、明日も会場レポートでこの雰囲気を味わってください。そして、来年はぜひお越しくださいね。

楽しみな最終日を前に、各ブースを彩ってくれたコンパニオンたちを、ごく一部ですがご紹介します。もっとたくさんのすてきな笑顔に癒された方は、オートスポーツweb コンパニオン特設ページ(http://as-web.jp/photonews/keyword_result.php?c_id=4&no=263)もっと多くのカットをご用意してます。

おっと、東京オートサロン2日目は終了しましたが、本日はまだ「スーパーグランツーリスモ選手権」が19時から行われます。ニコニコ生中継(ニコニコ動画)で「スーパーグランツーリスモ選手権 in オートサロン@オートスポーツちゃんねる(http://live.nicovideo.jp/watch/lv203874162)」として中継されますので、入場整理券がないかた、会場に行けない方は、ぜひご覧ください。

NS100067 Image1


NS100067 Image2


NS100067 Image3


NS100067 Image4

魅力的なホイールが一堂に会しています

15/01/10

日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会JAWA事業部(西ホール3)では会員各社のホイールを1カ所で見るコトができます。各社のブースを回るのも楽しいですが、さっと今年のトレンドを確認することなどにも活用できる展示ですので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

NS100067 Image1


NS100067 Image2

タイヤの手組みを見てみないか?

15/01/10

ドリフト天国編集部員による「爆笑! タイヤ手組みSHOW!!」が本日16時30分より実演されます。会場は国際会議場のレジェンド オブ チューニングカー ステージです。なかなか見られないSHOWだけにお見逃しなくっ!

NS100067 Image1

イオンモールのサテライトスタジオに哀川翔さんとA-Classが登場

15/01/10

今年の東京オートサロンでは、ご近所のイオンモール幕張新都心店にサテライトスタジオ
(グランモール1階のグランコート)を特設しています。このステージでお昼に、今年でTASアンバサダー4年目になる哀川翔さんとイメージガールのA-Classが登場しました。
クルマ好きで知られる哀川さんは、ラリーにも参加しており、時にあった危険と隣り合わせのラリー体験をいろいろ披露してくれました。また、趣味のクルマいじりでは、旧車のダットサン・フェアレディSR311で、しょっちゅう壊れても愛すべき存在だとか。
目の前に展示した昨年のカスタムカーコンテストグランプリ(日本自動車大学校のNATS EV-sports Prototype 02)については、車を自分で作っちゃう学生がいるということが驚き、と絶賛してました。
明日のサテライトスタジオでも引き続き車両展示がされ、日中にはミニコンサートなどが多彩に行われるそうです。東京オートサロン終了後に、ちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

NS100067 Image1

昨年のスーパーフォーミュラを盛り上げたふたりがトークショー

15/01/10

午後にイベントステージで行われてたのが、日本最高峰のモータースポーツである「全日本選手権スーパーフォーミュラ」のトークショーです。登場したのは、2013年のチャンピオンである山本尚貴選手と東京オートサロンでデモランも行っているトヨタの若手である国本雄資選手。司会を務めるスーパーフォーミュラ公式実況アナウンサーのピエール北川さんの軽妙な語りで、レースでの、プライベートといろんな裏話が飛び出ました。今年のニューマシンSF14の凄さなども印象深かったのですが、東京オートサロンの印象を聞かれた山本選手が「僕、(まだ無名の頃にスポンサードを受けていた)オートバックスさんのブースでチラシ配りしてたんですよ」とびっくり発言も飛び出ました。
「SUPER FORMULA トークショー」は、明日の最終日も、午前11時30分から、山本選手、国本選手を招いてイベントホールのイベントステージで行われます。今日行けなかった方、両選手の話をもっと聞きたい方は、ぜひお越しください。

NS100067 Image1

 

NS100067 Image2


NS100067 Image3

本番さながらガチ勝負のD1グランプリのキックオフ・ドリフト!

15/01/10

東京オートサロンの目玉のイベントひとつが、屋外特設コースで行われる「D1GP Kick Off Drift」です! D1グランプリの公式サイトの年間スケジュールに公式戦と並んで表記されるくらいマジなイベント、いやラウンドなんです。ただ、公式戦と同様にまず単独で走行する“単走”、その結果で上位と下位が2台でバトルし、勝ち抜いていく“追走”で最終勝者を決めるだけに、ただのデモランではなのです! 場内実況もD1グランプリ公式実況の鈴木学アナウンサー、そして今日のゲスト解説&審査員はドリフト出身でSUPER GT(GT300)の昨年度チャンピオンの谷口信輝選手です。
このキックオフドリフト、公式戦より凄いのがドリフト競技をするマシンが目の前ほんと数メートルで走り抜け、バトルすること! 下の写真を見てください!!(今日はコース状況が悪くてこれでも攻められなかったらしい……) これはホントにシビレルゥ!アコガレルゥ! そして感動です。この日はマシントラブルの車両も出てしまいましたが、それでもホットなドリフトが続出しました。
「D1GP Kick Off Drift」は、明日11日も12時30分から屋外会場特設ステージで行われます。大勢のギャラリーが予想されますので、早めに行かれるのが良いと思いますよ。

NS100067 Image1


NS100067 Image2


NS100067 Image3


NS100067 Image4